ROCOの部屋 | TOP > ARCHIVE > 2010年05月
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010.05.16 (日)

今週のわんこ


こんにちは!5月になりやっと暖かくなってきましたね♪

今週のわんこはサンボちゃん(♀)5歳、シェルティです!!

サンボちゃんは「三女」からサンボと名付けられたようです♪


inu20.jpg



平沢には(動物霊園の周り)、絶好の散歩コースがありますので、是非お参りついでに
来てくださいね!!
スポンサーサイト
 
2010.05.12 (水)

こねこムーのおくりもの

皆さん、『こねこムーのおくりもの』という本をご存知でしょうか?

先日、江崎様より本11冊を寄贈して頂きました。

きっかけは猫のムーちゃんの火葬のご依頼からでした。


『こねこムーのおくりもの』江崎雪子作 


子猫ムー

私は児童書で『こねこムーシリーズ』として、本屋さんにあり有名なのは知っていたのですが、
失礼ながら初めてこの本を読みました。

そして、作者の江崎雪子さんの自伝的な本『きっと明日は』も読みました。

-江崎雪子さん-

静岡市に生まれる。日本女子大学在学中に重症筋無力症という原因不明の病に倒れる。
闘病生活を続けながら文学の創作に励み、1986年のデビュー作『こねこムーのおくりもの』で、
日本児童文芸家協会新人賞を受賞。以後、こねこムーシリーズを手がける。
2005年3月逝去。


『きっと明日は』では壮絶な闘病生活、葛藤、絶望、児童文学作家デビューについて、
創作という生き甲斐、希望が書かれていました。

「重症筋無力症との二人三脚の旅を続けながら、これからも書いていきたいと願っています。
私の童話がタンポポの綿毛のように遠くに飛んでいって、読んでくださった方々の心に
一粒の小さい種をおとせたらいいなあと思うのです。そしてもし、その種からなにかが
芽生えてくれたなら、こんなに嬉しいことはありません。」-『きっと明日は』より抜粋


あとがきには、
「今、生きることが辛くて耐えられない人や、自分は生きる価値のない人間だと
人生に失望し自殺しか考えられない人たちがいたら、私はその人たちに伝えたい。
『生きていて!』と。今は苦しくとも生きていれば必ずあなたにも、『生きることを
諦めないで良かった!』と心から生命を喜ぶ日が訪れるのだから。」
と書かれていました。

江崎雪子さんの言っている言葉はとても重みがあります。

普段日常にあることは当たり前だと思っていたことが、実はそうではなくて、
感謝の連続なんじゃないか?と考えさせられたように思います。

ちょっと今手元においてしまっているので、5月15日より動物霊園の方に
設置致しますので、是非ご覧になってください!!!


子猫ムー横


子猫ムー縦



最後に、江崎様。

本の寄贈を本当にありがとうございました。



 
2010.05.09 (日)

ペット博

皆さん、GWはどこに行かれましたか??私と私の犬は千葉・幕張で開催
された『ペット博2010』というイベントに行ってきました!!

今年も国際ドッグセラピー協会の代表・大木トオル先生に会いに行ってきました!!

ドッグセラピー協会詳細↓

http://www.therapydog-a.org/

大木さん②

大木さんの新刊『セラピードッグの世界』を出版していたので、先生にサインを頂きました!!


大木さん①

家の犬・モコと(当日モコの誕生日ということもあり)、写真を一緒に撮って頂きました!!


P.S.セラピードッグチロリの紹介はこのブログのカテゴリー(セラピードッグチロリ)
でも紹介していますので、是非見てくださいね♪



↓どなたか、霊園にお花を植えて下さいました!!かわいいお花をありがとうございます♪


お花

ペット博で『日本ペットモデル協会』というところが、ペットのモデルを募集していました!!

我が家のペットをモデルデビューさせたい!!というご興味のある方は是非!!
↓詳細↓

http://www.petmodel.jp/bosyu/index.html





 
2010.05.03 (月)

駿河七観音

駿河七観音をご存知でしょうか?

先日、建穂寺(たきょうじ)の仏像を見にフェルケール博物館に行ってきました。



建穂寺



(※↓『建穂寺の仏像』の冊子より抜粋)

『駿河には、千手観音菩薩を本尊とする寺院が7ヶ寺あって、今も観音霊場としてお詣りする人が絶えない。
これは養老7年(723)に行基が諸国を行脚する途中駿河に立ち寄り、7体の千手観音像を彫ったことが起源となっているようである。現在の7ヶ寺は、
高福山法明寺(曹洞宗)、慈悲山増善寺(曹洞宗)、瑞祥山建穂寺(真言宗)町内会管理、大窪山徳願寺(曹洞宗)、
補陀洛山鉄舟寺〈旧久能寺〉(臨済宗)、布袋山平澤寺(真言宗)、鷲峯山霊山寺(真言宗)町内会管理、
である。』

ここ、平澤寺も駿河(安倍)七観音のひとつなんです。聞いたお話によると、行基上人が安部奥(安部川上流)にあった大楠木から7体の千手観音菩薩を作り、7ヶ寺に祀られたようです。

建穂寺は現在無住のお寺になっていて、町内会が管理しているのですが、京都国立博物館が平成20年2月に建穂寺を
調査した結果、いろいろな仏像があるので、昔は大寺だったことが分かったようです。

同じ駿河七観音として興味を持ったので、展覧会に見に行ってきました。5月9日までやっているようです。
普段は先ほどもお伝えしたように無住のお寺なので、なかなかじっくりと仏像を見ることが出来ませんので、
興味のある方は是非!

『建穂寺(たきょうじ)の仏像』詳細↓

http://www.suzuyo.co.jp/suzuyo/verkehr/kikaku_t.html



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。